この春、お弁当(キャラ弁)作りをスタートされる方のために
以前まとめたキャラ弁作りの入門編の記事を再掲載しておきたいと思います。

ベテランさんはスルーしちゃってくださいね^^

また、2013年にまとめた記事ですので
最新事情とは多少変わっている部分もあるかと思いますが…

こんな方法もあるのね?という感じで参考になさってください☆

前回の揃えておくと便利なグッズや使い方をご紹介に続いて今回は、
それぞれポイントごとにご説明します♪

まずは、『切る・抜く』での使い方&ちょい技?




■海苔のパーツは専用パンチを使うと時短&仕上がりも綺麗ッ!

顔の細かいパーツは海苔専用パンチで抜けば楽チン♪

よく質問を頂く、細いラインの海苔切りは・・・

抜いて残った海苔を利用し跡をたどって切れば

全てフリーカットで切るよりも綺麗に仕上がります。

更に残った海苔は手でちぎり玉子焼きに入れたり、お浸しに和えたり。

細切りにしお顔キャラの眉用パーツとしても使えます☆



■ストローは小さな丸型として使う!

ハム、スライスチーズ、茹で人参などをストローで抜くと

ホッペや白目などの顔のパーツとして使えます。

タピオカ用の太いストロー~ヤクルトなどに付属の激細ストローなど

色々なサイズのものを使いやすい長さに切って揃えておくとキャラ弁の幅が広がります。

ストローの中にパーツが詰まったら竹串の裏側などを利用して押し出せばOK!

更に上級者さんはストローを変形させて使うことも出来ます^^



■カニカマは竹串を使ってはがす!

キャラ弁でよく使うカニカマの赤い部分。

境目に竹串を入れれば意外と綺麗にはがれます。

それでも難しい!って方は、少し手間ですが

一度お湯にくぐらせ水分を拭き取ってから使ってみて下さい♪

 
 

■チーズは竹串を使って色々な形にカット!

スライスチーズなら竹串を斜めにして描くようにカットすれば色々な形に。

型がない時やオリジナルのキャラを作る時に便利♪

チーズは冷蔵庫から出したての冷たいうちにカットしましょう!

室温になると柔らかくなりカットが難しくなります☆


今回はこんな感じで。

また他の使い方も近いうちにまとめます♪

2つのランキングに参加させてもらってます。
お手数ですが、お帰りの際に下のバナーをそれぞれクリックして応援頂けると嬉しいです。

↓クリック嬉しいです^^


にほんブログ村 


レシピブログに参加中