こんにちは。


先日、チラッと予告しました。

キャラ弁講師のお仕事について色々ご紹介します。


みなさんから頂くメールやメッセージのなかに

「キャラ弁の講師はどうやって始めましたか?」

「講座を開こうと思っているけど、何を準備したら良いですか?」

「雑誌など書籍のお仕事はどうしたらできるの?」などなど・・・。


キャラ弁講師やキャラ弁のお仕事についての質問を頂く事があります。

今まで個別にお返事もしていましたが、

良い機会なのでブログにもまとめてみようかと思います。


文章をまとめるのが下手なので、長文になりそうです。

興味のある方は、最後までお付き合いくださいね。^^


長くお付き合い頂いている方ならご存知かと思いますが、

キャラ弁講師になるきっかけからお話ししてみようかと思います。

懐かしい画像も出てきますので笑ってやって下さい。>m<


私がはじめてキャラ弁講師のお仕事をさせて頂いたのは、2007年9月でした。

ちょうど3年前!隣にへばり付いているのはまだ幼い長女!次女は乳児でした。(笑)

asamiのお弁当日記。


実は・・・私がキャラ弁らしきものを作り始めたのが2007年3月からなんです。
(今では考えられない位クドイお弁当作っていましたが。>m<)


たった半年のキャリアで講師なんて・・・

今、思い出すとイイ根性していますよね~。@@;


たまたま某キャラ弁コンテストでグランプリを取ったばかりで・・・

(当時はコンテストも少なく、そんなにレベルも高くなかった気がします。)


地元のイベントに参加しているときに、今でもお世話になっている

秋田県北部男女共同参画センターの方に

「キャラ弁ブログの方ですよね?良かったら講座とかお願いできますか?」

と声をかけて頂いたんです。(↑細かい内容は端折っていますが、そんな感じです)


当時、地元ではキャラ弁なんて全然知られていなかったし、

もちろん周りのママさんでも誰も作っていなかった、キャラ弁。


純粋に「キャラ弁友達が欲しい!」って事であまり深く考えずに引き受けてしまったのです。

あとで、想像以上に大きなイベントに講座が組み込まれていることを知り、焦ったんですが。^^;


それから担当の方と打ち合わせをし、

色々と準備をしなければいけない事に気づきました。


キャラ弁作り=調理だけじゃないのですよね~。

どちらかと言うと・・・キャラ弁作り=工作な訳で。

(これはキャラ弁を作った事のある方なら納得してくれると思います。)


お弁当作り用の小さなハサミやピンセットなど・・・

普通の家庭にはないですもんね~。(笑)


そんな訳で講座用に色々と買い揃えました。


ここからは講座準備編です。

まずは現在私が準備しているものをご紹介。


asamiのお弁当日記。


竹楊枝、小さいハサミやナイフ、ピンセット。

こちらは20セット用意しています。


asamiのお弁当日記。


会場によっては調理する場所は狭く普通のまな板では置ききれないことも。

小さめのカットボードも20枚ほど用意しています。


asamiのお弁当日記。


その他、貸し出し用のパンチや型抜き、人数分の太さの違うストロー、

大小のおかずカップなども用意。


asamiのお弁当日記。



asamiのお弁当日記。

参加者の皆さんへプレゼント用のピックなどなど。


その他に、レシピも作成し配布しています。


レシピはまず担当者と予算やテーマを決めます。

2時間の講座が殆どなので、キャラ作りメインにするか、調理も取り入れるかなど・・・。

(自分が主催の場合は、プラス会場や託児の確保など)


そして、前日には食材の調達。


asamiのお弁当日記。


この時は一人300円予算で20名分の食材でした。

これにプラスお米8合くらい。

野菜などはなるべく地元のもの、旬のものをと考えて用意します。

(プチトマト、いんげんは秋田県産です)


asamiのお弁当日記。


そして、たいていの調理室は調理器具や食器はありますが、調味料がない事が多いです。

そんな訳で調味料も用意します。

(味どうらくの里、小坂の菜種油などちょっぴり秋田にこだわって揃えています)


そして当日の朝には・・・


asamiのお弁当日記。


会場ですぐに調理出来るように野菜等をカットしておきます。



asamiのお弁当日記。

余裕があれば見本用のお弁当も作って持って行きます。

当日はもちろん一緒にお弁当も作るのですが、

朝作って時間の経った状態のキャラ弁も見て頂きたいと思っています。

そうすると崩れ対策の効果などわかりやすいかなぁ~と。


と、準備編を紹介すると結構面倒だなぁ~と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。

これはヤッパリ、お弁当作りが好きだから出来ることだと思うんです。^^


参加した皆さんが「楽しい!」「また作りたい!」と言ってくれると本当に嬉しくって。


asamiのお弁当日記。

こちらは一部ですが、

今まで講座をさせて頂いた担当者さんから頂いたアンケート結果やお手紙です。


「おかずも簡単に出来て美味しかった」

「飾り切りなどは普段のお弁当にもとりいれられそう!」

「面倒に思っていたキャラ弁作りが簡単に出来た!また作りたい」

「こんなに楽しいと思わなかった!はまりそう」などなど・・・。


何度読んでも嬉しくなっちゃいます。


っと!

話がそれましたが・・・。


これだけ準備しても、当日のママさんたちの様子や進行具合で

予定やレシピはどんどん変わります。

材料が足りなかったり、忘れて来たりとアクシデントがあることも!!


それでも対応するのが普段のお弁当作り。

そう思えば気が楽ですよ~。


失敗した時は、逆手にとって。

その時の対応策を紹介しちゃえば良いんですっ!(この辺、ポジティブに♪)


もしも、キャラ弁講師やってみたいと思っているのであればやってみて下さい!

大丈夫。私でも出来たのだから。


ではでは。

最後に・・・衝撃画像放出しちゃいますよ~。@@;


asamiのお弁当日記。


2007.9

一番最初のキャラ弁講座で講師として作ったお弁当。

今はなき・・・「おべんと畑」(ミツカン)を使っています。

↑おべんと畑、覚えている人どれ位いるだろう???(笑)


恥ずかしいけど・・・この時、精一杯作った思い出のお弁当です。


これで自信持って貰えたかしら?


長々と書いてみましたが。

あくまでも私の場合、私のやり方です。


この他に、自宅に生徒さんを集めて講座を開く方法もあります。

実はこれが一番、リアルなお弁当作りが出来るのかも?

まだまだ先の話ですが、三女が幼稚園に入園したら

自宅講座もやってみたいな~と思っています。(あと何年?!)


ダラダラと長い文章、最後まで読んで頂きありがとうございました。

少しでも参考になる方がいらっしゃると嬉しいです。


また機会があればキャラ弁のお仕事についてもお話ししてみようかな・・・。と思っています。


■応援お願いします。

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪